大和重工株式会社

試験・実験用定盤Inspection surface plates

試験・実験用定盤

用途・対象物

エンジンや機械装置の試作品や製品の性能テストや耐久テストを行うために、定盤上のT溝を利用し製品と駆動装置や計測装置を固定して、様々な試験/実験を行います。

精度

試験や実験の内容により異なってくると思われます。JIS2級(JIS B 7513-1992)相当の平面度から製作可能です。

試験・実験用定盤 事例1

積載重量(要求値)
3t
定盤単体サイズ
4,000×3,000 2枚
定盤総床サイズ
6m×4m
ジャッキ方式
ケミカルアンカー仕様
定盤の施工方法
定盤を設置しピット内にケミカルアンカーで固定、二次工事で定盤の周辺を縞鋼板で施工。

試験・実験用定盤 事例2

積載重量(要求値)
30t
定盤単体サイズ
3,000×3,000
定盤総床サイズ
3m×3m
ジャッキ方式
埋め込みジャッキ
施工方法
定盤を設置し、埋め込みジャッキ部を基礎に埋め込んだ後、二次工事で定盤の周辺を縞鋼板で施工。