大和重工株式会社

ブランドストーリーBRAND STORY

大和重工に根付く “ひたむきさ”

大和重工は、広島の土地、ここで生きてきた人々の影響を大きく受けています。
それは、決して折れず一歩ずつ確実に前進する “ひたむきさ” です。
戦争により壊滅的な打撃を被った広島は、人々のひたむきな努力により驚異的な復興を遂げますが、この ゼロから立ち直る不屈の精神は、広島の企業である大和重工にも受け継がれています。
誰もが無理だと思うような困難な事や、大きな壁を目の前にしても、決して折れず希望を捨てることなく 努力し続ける。いつかは必ずできると信じて一歩ずつ確実に前進する。
それが広島の、そして大和重工に根付く精神です。
新しい事へのチャレンジとひたむきな努力こそが、社会を、人々を、豊かにする。
大和重工はそんな信念を持って、鉄に向き合い、人々の求める鋳物(いもの)製品をつくり続けています。

鉄に命を吹き込む 匠たちのこころ
真摯に向き合い、創意工夫をこらし、感動を大切に

鋳物は、造りたい形状の空隙(くうげき)を砂で造形して、そこに1,300度以上に熱し溶かした鉄を流し込み、冷やして固めることで造り上げます。
一つの鋳物製品が生まれるまでには、数多くのプロセスを積み上げていく必要があります。

私たちは、お客様の「ほしい」を形にしたい、その一心で鉄と向き合ってきました。
たたら製鉄から、最新の鋳造技術・レーザー計測技術まで、さらに先達の教えと自分達の創意工夫。
それらを繋ぎ合わせることで私たちの鋳物造りは成り立っています。

そこから生まれる製品が、産業で、街で、家で、食で、人々と共に活きていく。
そこには喜びや感動があり、豊かな心と体(からだ)が育まれ、人を豊かにする。ものづくりの“こころ”と“わざ”で人々の思い出の時を支えられたら… それが私たちの喜びです。

大和重工の匠たちに終わりはありません。鉄に真摯に向き合い、創意工夫をこらし、感動を大切にして、より高いレベルを追い求め、ホンモノの鋳物づくりに挑戦し続けていきます。
昔も、今も、これからもずっと…。

鋳物づくりの心

乾式ホーローへのチャレンジ

お客様と共に進化する”定盤”