大和重工株式会社

高品質な鋳物技術high quality

高品質な鋳物技術

凝固時間を予測し冷却制御すると共に適切な溶湯処理を施すことで、製品実体の機械的性質要求を満足し、さらには異常黒鉛の発生を防ぎ、内部においても健全な球状黒鉛鋳鉄の製造を可能としています。

高い靭性と強度を兼ね備えたダクタイル鋳鉄

当社大型ダクタイル鋳鉄は、不純物元素管理と、安定した溶湯処理技術により、高い靭性と強度を実現しました。

鋳鋼、鋼材と比較した場合、耐力、減衰能(約2.5倍)は圧倒的に優れ、伸びも同等の性能を有するため、材質転換により軽量化及びコスト削減が可能です。

各種金属材質の強度比較表

材質名 引張強さ(N/mm2) 耐力(N/mm2) 伸び(%)
FCD450-15* 450~500 280~320 18~20
FCD500-7* 500~600 320~370 10~16
SC360 360以上 175以上 23以上
SC410 410以上 205以上 21以上
SC450 450以上 225以上 19以上
SC480 480以上 245以上 17以上
SS400(肉厚>40mm) 400~510 215以上 23以上

*当社実績値

厚肉中心部まで均一で微細な黒鉛組織と高い球状化率 (肉厚500mm ブロック)

テストブロック切断面

鋳造Daiwaダクタイル黒鉛形状
厚肉部に現れる異常黒鉛(チャンキー黒鉛)

当社ダクタイル鋳鉄は、安定した黒鉛球状化処理により、中心部まで微細な球状黒鉛を晶出させ、高い球状化率を維持させることが可能です。また、厚肉部におけるチャンキー黒鉛、引け巣等の発生も無く、偏析のない均一な組織を得ることで優れた機械的強度を内部まで保持できます。

3Dスキャン・鋳造シミュレーション等

3DCADを活用し3Dスキャン、鋳造シミュレーション等の先端技術を取り入れ、お客様製品の高品質化・軽量化・製造コストや納期の低減に役立てています。

湯流れ解析

凝固解析

熱応力解析