広島県安芸郡坂町で炊き出しを行いました。

平成31年3月16日(土) 安芸郡坂町平成ヶ浜中央公園仮設住宅

コーンピラフ150食が、ダイワ移動かまどを使ってできあがりました。 コーンピラフ150食が、ダイワ移動かまどを使ってできあがりました。

   昨年7月の西日本豪雨により坂町では18人が亡くなり、なお1人が行方不明という、大きな被害が発生しました(2019年3月19日広島県発表)。町内の平成ヶ浜中央公園には仮設住宅が建設され、今もなお約90世帯が入居されています。
 町の復興を少しでも支援しようと、日本赤十字社、広島女学院大学、当社の13人で、仮設住宅にて炊き出しを行いました。  西日本豪雨被災支援の炊き出しを行うのは、広島市安佐北区口田、岡山県真備町に続き3回目となります。
 今回はコーンピラフ、ミートボールと春キャベツのスープ煮をそれぞれ150食用意し、被災者の方に振舞いました。
 当日は炊き出し後に、広島女学院大学による「袋調理による和菓子づくり」体験教室も開催しました。
 被災者の方々が一日でも早く元の生活に戻られるまで、当社は今後も継続的な支援を続けてまいります。
配膳準備
配膳準備。
笑顔の素敵な広島女学院大学の学生さん。今春新卒として当社に入社予定します。
笑顔の素敵な広島女学院大学の学生さん。今春新卒として当社に入社する予定です。
今回のメニュー。好評のうちに完食となりました。
今回のメニュー。好評のうちに完食となりました。
食材と調味料を入れたポリ袋をゆでるだけの「袋調理」。緊急時に役立ちます。
食材と調味料を入れたポリ袋をゆでるだけの「袋調理」。緊急時に役立ちます。
体験教室で作ったようかん。蒸しパンにも挑戦しました。
体験教室で作ったようかん。蒸しパンにも挑戦しました。
日赤坂町地域奉仕団、広島女学院大学のみなさん、ありがとうございました。
日赤坂町地域奉仕団、広島女学院大学のみなさん、ご協力ありがとうございました。