安佐北区内の西日本豪雨被災地区で炊き出し

安佐北区内の西日本豪雨被災地区で炊き出しを行いました。

平成30年7月28日(土) 広島市安佐北区 口田小学校

茹で上がったそうめんを盛り付けていきます。

 平成になってから最悪の被害を出した西日本豪雨(平成30年7月豪雨)。広島県をはじめ中四国地方でも甚大な災害となりました。
 7月31日現在も行方不明の方の捜索が続き、避難所には厳しい生活を強いられている方々が多くいらっしゃいます。
 亡くなられた方に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、被害に遭われた方に心よりお見舞い申し上げます。

 当社にほど近い安佐北区口田地区でも、土砂崩れや浸水など大きな被害が発生しました。
 当社では町の一日でも早い復旧を願い、同じく安佐北区内の広島文教女子大学にご協力いただいて、口田小学校での炊き出し支援を行いました。
 連日続く猛暑の中、懸命に復旧作業にあたる口田地区の住民の方、またボランティアの方々に「夏野菜そうめん」200食を用意し、振る舞いました。 材料には「JAよがんす可部出荷組合」から提供いただいた新鮮な野菜を使いました。

 町の復旧にはまだ時間がかかるかもしれませんが、当社は今後もできる限りのご支援を続けていきたいと思っております。
移動かまどで色鮮やかに調理されたそうめんの具。
広島文教女子大学のみなさんのご協力で、そうめんが茹で上がっていきます。
そうめんが茹で上がり、いよいよ配膳です。
地元住民の方、ボランティアの方にさっそくそうめんを提供。
広島文教女子大学考案の「夏野菜そうめん」。
広島文教女子大学と弊社社員総勢18名が参加しました。これからもできる限りのご支援を続けていきたいと思います。