めまぐるしい時代の変化の中でも「変わらぬ味を守り抜く」

めまぐるしい時代の変化の中でも「変わらぬ味を守り抜く」

(岐阜県岐阜市)

岐阜市のの老舗和菓子専門店松花堂様では、お菓子作りに羽釜が使われています。
「小豆は焦げにくい鋳鉄羽釜で煮ています。同じ味を守るためには、材料はもちろんのこと、釜などの道具も、入手しづらくなったものもありますが、同じものを使い続けていかなければなりません。」松村社長様のお言葉には今後も伝統を守り抜いていく覚悟が感じられました。


取材協力 松花堂 様 http://www.shokadoh.com/

松花堂1

和菓子づくりに使用される、呼径40cmの羽釜。

松花堂2

店頭に並ぶ美しい和菓子の数々。天皇皇后両陛下への献上品にもなりました。

松花堂3

大正5年創業、静かな佇まい。

Page Top